徒然なるままに

日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

 

その時々思い付いた事を適当に書いています。